レモンの入ったドリンク

毎日お酒を飲み続けることで「シラフでいられない」「飲まないと頭痛がする」などの症状が現れるアルコール依存症。

大量にお酒を飲んでいないから自分は大丈夫。そう思っていませんか?

実はアルコール依存症は少量しかお酒を飲まない人でも発症する病気で、全国には450万人のアルコール依存症予備軍がいると言われています。

そんな誰にでも発症する可能性があるアルコール依存症について一緒にチェックしていきましょう。

 

目次

アルコール依存症って何だろう?

アルコール依存症とは?

 

ビール

 

アルコール依存症はアルコールが持つ効果を期待して、繰り返しアルコールを摂取することによって、酒を飲むタイミングや酒の量を自分でコントロールできなくなってしまう病気です。
アルコールを摂取することによって感じる気分の高騰や判断力の低下により、不安解消効果現実逃避効果がアルコール依存症を発症させるようです。

 

アルコール依存症は自覚するのが難しい

 

アルコール依存症は自覚することが難しく、気づいた時には重症化していることが多い病気だそうです。
毎日の飲酒が習慣になっていたり、友人と会う際にアルコールが無いと上手く話すことが出来ない人は、既にアルコール依存症が発症している危険性が高いようです。

 

アルコール依存症を加速させるエチルアルコールとは?

 

陳列された酒

 

アルコールにはエチルアルコールという依存性の高い成分が含まれています。
エチルアルコールは、酒に含まれる合法ドラッグと呼ばれており、脳を麻痺させ脱抑制作用や協調性障害、記憶障害などを引き起こす原因となるようです。

 

 

アルコール依存症の発症について

アルコール依存症はどうして発症するの?

 

アルコール依存症は、習慣的に飲酒を行ううちに進行していく病気で、アルコールを摂取したその日に発症することはありません。
お酒が大好きな『酒飲み』と呼ばれる人々とアルコール依存症患者は、紙一重の存在であると言えるでしょう。

 

アルコール依存症が発症するとどうなるの?

 

女医

 

アルコール依存症を発症すると、飲酒中に飲酒量のコントロールができなくなったり、飲酒をしないことによるアルコールの離脱症状や探索行動などが現れるようです。
そのため、アルコール依存症が発症した疑いがある場合は、すぐに専門の医療機関に向かうことが推奨されています。

 

 

アルコール依存症の症状とは?

アルコールの離脱症状

 

アルコール依存症の症状には、強い飲酒欲求が原因となって現れる精神依存症状と、アルコールによって脳が錯覚を起越すことで現れる身体依存症状、アルコールを過剰に摂取することで現れる病気の発症の3つの症状があります。

 

【精神依存症状】は日常生活を困難にする?

 

仕事を放棄した女性

 

アルコール依存症の精神依存症状が現れた場合、TPOに関係なく酒が飲みたいと強く感じたり、無意識で大量の酒を消費しているようになってしまいます。
また、酒が手元に無いと落ち着かない状態になり、数時間ごとに飲酒をする『連続飲酒』を繰り返してしまう事もあるようです。

これにより、大量のアルコールを摂取していないと仕事や家事が出来なくなってしまうため、日常生活を送ることが難しくなっていくようです。

 

【身体依存症状】は日常生活を困難にする?

 

アルコール依存症の身体依存症状が現れた場合、体内のアルコール濃度が低下することによって、手の震えや吐き気・嘔吐などの症状が現れます。
また、イライラ感や不快感が増し、幻聴や幻覚も見える場合があるそうです。
これにより、日常生活上での正常な判断を行えなくなるため、日常生活を送ることが難しくなるようです。

 

【病気の発症】は日常生活を困難にする?

 

手術室

 

アルコール依存症が原因で発症する病気は幅広く、以下の様な病気が発症すると言われています。
・肝炎や脂肪肝、膵炎などの疾患
・生活習慣病
・消化器官系のがん
・うつ病
・パニック障害
アルコールの摂取で発症した病気を改善するには入院が必要なケースが多く、今までの様な日常生活を送ることは難しくなるようです。

 

 

アルコール依存症の探索行動って何だろう?

探索行動とは?

 

探索行動は、どんな状況であってもアルコールを飲み続けようとするための努力や工夫を行うことです。

探索行動が発生するようになると、仕事中などの飲んではいけない状況をかいくぐって、こっそり飲酒を行う『隠れ酒』や、飲酒の為に嘘をつく、家族を脅す暴言暴行などの危険な行動を行うようになるそうです。

 

アルコール依存症患者から酒を取り上げるのは危険!

 

「STOP」と書いてある手

 

アルコール依存症患者のアルコールを無理やり抑制することは危険だと言われています。
アルコールによって抑制していた神経活動が盛んになり、探索行動による暴言や暴行、または以下の様な「退薬症状」が発生するそうです。

・睡眠障害
・大量の寝汗や発汗
・動悸
・イライラ感や不安感
・手足や全身の震え
・けいれん発作
・幻覚や振戦せん妄

 

 

アルコール依存症の問題について

アルコール依存症で発生する問題は2点である!

 

アルコール依存症が発症することで発生する問題は大きく分けて
「周囲に迷惑をかける問題」「自分の身体に起きる問題」の2点だと言われています。

 

周囲に迷惑をかける問題とは?

 

たくさんの人

 

アルコール依存症患者がアルコールを摂取すると、脳が麻痺を起こし、脱抑制作用や協調性障害、記憶障害などが発生すると言われています。
この作用により、相手の言葉や行動に過剰な反応を示したり、自分の感情や気分を素直に表現しやすくなるため、周囲に迷惑をかけるような問題が発生するようです。

問題の大きさは大小さまざまで、言い争いや喧嘩、暴行、虐待、事故、殺人などで、いずれも社会的な信用を失ったり、大切な人間関係を崩壊させる問題のようです。

 

飲酒で「周囲に迷惑をかける問題」を発生した芸能人

 

飲酒で「周囲に迷惑をかけた」芸能人はたくさんいます。
飲酒により問題を起こしている芸能人をピックアップしてみました。

 

①TOKIOの山口達也さん

 

山口達也

 

ジャニーズでも兄貴分として有名なTOKIOで長年活躍してきた山口達也さんは、アルコールで身体を壊し、病院に通院するレベルの酒好きだったそうです。
2018年4月の飲酒時に、未成年者に飲酒とキスを強要、拒否した未成年者に暴言を浴びせたとして、大きな問題になりました。

 

②元SMAPの草彅剛さん

 

草彅剛

 

解散が記憶に新しいSMAPの草彅剛さんは2009年に知人と飲酒をしたのち、公園で全裸になり、大声で意味不明な言葉を叫ぶなどして逮捕されました。
元々、酒癖が悪かったようで、たびたび記憶を失ったり奇行が見られたりすることがあったそうですよ。

 

③元モーニング娘の吉澤ひとみさん

 

吉澤ひとみ

 

飲酒運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)と道路交通法違反の疑いで逮捕された吉澤ひとみさんは、2歳児の母親であるにも関わらず、午前7時ごろに飲酒運転をしていたとして世間を騒がせてしまいました。
現在、ひき逃げをしてもなお飲酒がやめられない状態だそうで、アルコールの依存性の恐ろしさを感じますね。

 

 

アルコール依存症では「自分の身体に起きる問題」も発生する

自分の身体に起きる問題とは?

 

アルコール依存症が発症し、長期にわたってアルコールを大量に摂取し続けると、手の震えや緊張などでアルコールを摂取していないと日常生活ができない状態になるそうです。
これにより、アルコールを常に摂取するため、脂肪肝やアルコール性肝炎などの肝臓障害や消化器系のがんなどをはじめとする、以下のような病気を引き起こす可能性が高くなるようです。

 

アルコール依存症による過剰飲酒で発症する病気

口膣・嘔頭がん/う蝕(虫歯)/脂肪肝/アルコール性肝炎/肝線維症/肝硬変/肝細胞がん/十二指腸炎/十二指腸かいよう/小腸炎/吸収障害/卵巣機能不全/インポテンツ/痛風/末梢神経障害/大腿骨骨頭懐死/急性アルコール中毒/ウェルニッケ・コル/サコフ症候群/食道炎/食道がん/食道静脈瘤/心筋症/高血圧/不整脈/乳がん/胃炎/胃かいよう/胃がん/すい炎/糖尿病/下痢/痔/大腸がん/骨粗鬆症/貧血/筋委縮 など

 

飲酒で「自分の身体に起きる問題」が発生した芸能人

 

飲酒で「自分の身体に問題がおきた」芸能人はたくさんいます。
飲酒により病気が発症した芸能人をピックアップしてみました。

 

①チュートリアルの福田充徳さん

 

チュートリアル福田さん

 

お笑いコンビチュートリアルのツッコミ担当としてM-1グランプリ優勝経験も持つ徳田さんは、2011年に急性膵炎にて入院しています。
現在は仕事に復帰し、体調管理を行いながらも芸能活動をしているようです。

 

②次長課長の河本準一さん

 

次長課長の河本さん

 

2010年に連日の飲酒により急性膵炎で入院した、次長課長の河本さんは医師から「このまま死ぬかもしれない」と伝えられたそうです。
2015年に2度目の急性膵炎を発症してからは、アルコールを禁止し、ラーメンなどの油が多いものの摂取も控えているそうです。

 

③歌手の美空ひばりさん

 

美空ひばり

 

美空ひばりさんは肝不全や肝臓がんの一歩手前と言われている肝硬変になり、間質性肺炎を併発していたそうです。
コンサートの最中に体調不良で病院に運ばれ、闘病生活をスタートさせたそうです。
最後のシングル『川の流れのように』をリリースし、1989年に間質性肺炎による呼吸困難により死去しています。

 

 

アルコール依存症患者に特徴はあるの?

ストレスや不安がアルコール依存症を発症するって本当?

 

芸能人にアルコール依存症発症者が多いことからも分かるように、ストレスや不安を過剰に感じている人はアルコール依存症になりやすいそうです。
また、毎日飲酒をする習慣がある人も発症しやすいと言われています。

 

アルコールに弱い人は発症しやすい?

 

アルコール依存症はアルコール反応が出やすい人や、酒が弱い人が発症しやすいと誤解されているようです。
実際はアルコール反応が出にくい人や、酒に強い人ほど、発症しやすいようです。
アルコールを摂取した際に気持ち悪さや不快感などを感じにくく、大量のアルコールを摂取できることから発症しやすいようです。

 

アルコール依存症発症者は認めない!?

 

酒に強いという自覚や飲酒を日常的に行っていることから、アルコール依存症患者の中には「アルコール依存症の発症を素直に認めることが出来ない人」が多いと言われています。
また、自分がアルコール依存症に発症していることに気づける人も少数であるため、早期の回復治療を行える人は少ないようです。

 

 

アルコール依存症を予防・改善しよう!

アルコール依存症を改善するには?

 

アルコール依存症を改善するには「アルコール依存症である」という自覚を持つことが必要です。
自覚を持ったうえで、専門の治療機関や自助団体に通院することで回復することが出来ると言われています。

 

チェックシートや休肝日で摂取を抑制しよう

 

アルコール依存症は、チェックシートで自身の普段の飲酒量を確認することや、休肝日を週に2日以上設けることで予防することが出来るようです。
普段の生活で飲酒を抑制することによって、健康な生活を送れるようです。

 

CBDオイルで不安とストレスを解消しよう

 

アルコール依存症の発症には不安やストレスが大きく関係していると言われています。
この不安やストレスをうまくコントロールし、飲酒を抑制することでアルコール依存症を予防・改善できると言われています。
不安やストレスの解消にはCBDオイルの摂取が効果的です。

CBDオイルの詳しい効果はコチラ↓
「CBD」にはどんな効果があるの?WHOも認めるその実力とは!

 

 

アルコール依存症は回復できる

 

アルコール依存症は完治が出来ない病気ですが、改善をすることが出来る心の病気です。
アルコール依存症の改善は『回復』と呼ばれ、アルコールを過剰摂取しないように自分の感情をコントロールしていくことだそうです。
長い闘いにはなりますが、病気としっかり向き合うことによって健康な生活を続けることが出来るようになります。

強い意志を持って依存症を改善していきましょう!

 

管理人おすすめ記事