コーヒーを取る手と花

カフェイン依存症とは?

カフェイン依存症(カフェイン中毒)とは、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインを大量に摂取することによって発生する、脳の覚醒作用や利尿作用を求めて、日常的にカフェインを過剰に摂取する依存症状だそうです。
カフェイン依存症を重症化させた場合、カフェインを定期的に摂取しないと頭痛や気怠さにより、通常の日常生活を送ることが困難になるようです。

カフェイン依存症は無意識に発症しやすい病気とされており、『コーヒーや紅茶を毎食後に飲む』という常習化している行為によって発症する場合が多いようです。
カフェインには強い中毒性があるため、気づいた時には重症化していたというケースも多いとされています。
また、コーヒーや紅茶以外にコーラや緑茶などにもカフェインは含まれており、カフェイン依存症は現代人が発症しやすい依存症であると言えるでしょう。

 

カフェイン依存症のメリットとデメリット

『中毒』と呼ばれるレベルの依存症を引き起こすカフェインですが、適量摂取をする場合には以下の様なメリットを感じることが出来るようです。

【カフェイン摂取のメリット】

①眠気の解消
カフェインは興奮剤の一種として有名だそうです。
そのため、カフェインを摂取することによって、脳の中枢神経を興奮状態にし、眠気を解消することが出来るようですよ。

②頭痛の緩和
カフェインには一時的な血管の収縮作用があり、頭痛をはじめとした血行が良くなることで発症する痛みに効果的だそうです。

③筋肉疲労の回復
カフェインには血液の流れを抑止し、筋肉の疲労物質である乳酸を体内に貯まりにくくする作用があるそうです。
この作用により、筋肉を使った際にカフェインを摂取することで、疲労回復が早まるようです。

 

【カフェイン摂取のデメリット】

①胃痛の誘発
カフェインには胃液の分泌を促す働きがあり、胃を荒らす恐れがあるようです。
したがって、空腹時のカフェイン摂取は胃痛を誘発する原因となるようです。

②貧血
カフェインには鉄分や亜鉛など、ミネラルの吸収を阻害する性質があるそうです。
カフェインを摂取することで貧血を重症化させる恐れもあるため、貧血で悩んでいる人はカフェインの摂取を避けた方が良いようです。

③睡眠の質の低下
カフェインは興奮剤の一種であるため、飲むと身体が興奮状態になり、寝付きにくく、睡眠の質が低下する恐れがあるそうです。
就寝時間の3時間前からカフェインの摂取を避けることによって、睡眠の質が低下することを防げるようです。

④自律神経の乱れ
カフェインは身体を活動させる交感神経に働くため、摂取し続けると心拍数の増加や血圧の上昇が日常的に続く状態となり、身体常に興奮状態となるそうです。
自律神経のバランスの崩れや、だるさや気分の落ち込みなどはこの効果によって引き起こされるそうですよ。

 

カフェイン依存症の原因

カフェイン依存が引き起こされるのは、日常的なカフェインの過剰摂取が原因だと言われています。
カフェインの適切な量健康な成人だと400mg以下(コーヒーカップ約5から6杯分)、妊婦だと300mg(コーヒーカップ3~4杯以下)だそうです。

カフェインを過剰に摂取し続けることで、カフェインを摂取してない場合に以下の様な身体の不調が現れるようになるそうです。
・頭痛
・だるさを感じる
・頭がぼんやりする
・不安になったり気分が落ち込んだりする
・嘔吐
・集中力の低下
・眠気

もし、カフェインを摂取しないことで上記の症状が1つでも見られる場合は、カフェイン依存症を発症しているようです。
カフェイン依存症が発症している自覚がある場合は、重度のカフェイン依存症にならないために、カフェインの摂取量を徐々に減らしていきましょう。

 

カフェイン依存症の症状

カフェインは血管の収縮や胃液の誘発などの効果を持っているようです。
そのため、カフェイン依存症患者がカフェインの摂取を行わなかった場合、カフェインが欠如することによって、頭痛や吐き気、胃痛、胸痛などの症状が発生する可能性があるそうです。
また、カフェインを摂取しないことにより血管が収縮されず、血管が拡張した状態になるため、血液の流れがカフェインを摂取している時よりも早まり、過度な興奮状態に陥ることがあります。
カフェインを摂取しないことによって、過度な興奮状態に陥ることにより、カフェイン依存症患者は落ち着きが無くなったり、不安な気持ちになったり、酷い場合はパニック障害を起こしたり、けいれんを起こしたりするようです。

カフェイン依存症の主な症状
頭痛/吐き気/胃痛/胸痛/嘔吐/イライラ感や不安感/めまい/不眠/手足のしびれ/パニック障害/けいれん など

カフェイン依存症の予防法と治療法

カフェイン依存症はコーヒーや紅茶などに含まれる『カフェイン』の過剰摂取を長期的に繰り返すことで発症する病気です。

カフェイン依存症には特異的な解毒剤や拮抗薬がなく、カフェイン依存症を治療する場合はカフェインの血中濃度を低下させる処方箋を摂取しつつ、カフェインの摂取頻度や摂取量を自身で制限していく方法が一般的なようです。
一度、カフェイン依存症を発症した場合、自身でカフェインに摂取制限を設けることはとても難しいとされているため、カフェイン依存症の予防として、カフェインを摂取しない日や時間を作り、体内のカフェインを出来る限り減少させることが大切だとされています。

管理人おすすめ記事