たばこを折る男の子

 

誰でも発症する可能性がある依存症ですが、効果の多いCBDオイルでも発症するのでしょうか?
CBDオイルの危険性を踏まえて検証してみました。

 

令和元年に大注目のCBDオイルとは?

病気改善にも効果的?CBDオイルの実態

ステーキ

CBDオイルは重大な疾患を改善する薬理作用を持ち、ストレス緩和や睡眠の質の向上を手助けする効果のあるスーパーフードです。

万能説まで浮上しているCBDオイルの効果は多様で、海外ではてんかん治療から生活習慣病の改善まで、幅広い分野で驚くべき効果を発揮してくれると言われています。

日本では健康食品としての販売が開始されており、大手コンビニからCBD入りのドリンクが発売されるかもというデマ情報が出回るほど、注目を集めるアイテムとなっています。

関連記事▷【2019年春】CBDドリンクがファミマから販売!?日本にもCBDブーム到来の予感!

 

CBDオイルは危険?違法成分THCとの関係は?

大麻草とCBDオイル

徐々に人気に火がついているCBDオイルは、日本で規制されている危険成分「THC」が含まれている大麻草から抽出されます。
「THC」はマリファナの主成分として有名で脳を麻痺させて幻覚を見せたり、高い幸福感を能に与え続けて薬物依存を発症させたりする効果があるそうです。
今回紹介している「CBD」は、大麻草の中でも「THC」が含まれにくい茎や種の部分から抽出されており、その危険性はほぼゼロだと言われています。

関連記事▷「CBD」には大麻と同じような危険性や依存性はあるの?

 

 

CBDオイルに依存性はあるのか?

ダメ、絶対。危険な薬物依存

「STOP」と書いてある手のひら

CBDオイルの依存性を調べるにあたって、まずはマリファナの依存性について調査してみました。
すると、驚くべき結果を知ることに...。

 

マリファナの依存性はとても低い

 

マリファナの依存性はとても低かった。
それは日常で利用されているアルコールやタバコ(ニコチン)などを下回ると言われていました。

国立薬物乱用研究所のジャック・ヘニングフィールド博士が発表した研究成果では、『アルコール』や『カフェイン』よりも依存性が低いと報告されていました。

 

CBDオイルに依存性はない!?

繋いだ手

残念ながら、CBDオイルの依存性についての研究はまだ行われていませんでした。
しかし、マリファナの依存性についての研究結果から、危険成分である「THC」を排除したCBDオイルの依存性は極めて低いと予測することが出来るでしょう。

 

【危険】頼り過ぎには要注意!

依存症発症の落とし穴とは?

薬物を持ったまま倒れた女性の手

依存症が発症する原因の1つに過剰な思い込みがあります。
今回の調査で「CBDオイル自体」には依存症を発症させる成分や、効果が無いことが分かりました。
しかし、CBDオイルのリラックス効果を過剰に利用することによって「CBDオイルのおかげで○○が出来た」と思い込み、CBD依存症を発症させるケースがあることを私たちは忘れてはいけません。

CBDはあくまでリラックスの手助けをしてくれる健康食品です。
商品に記載されている用法容量を守って、正しく利用するようにしましょうね。

管理人おすすめ記事