CBDカプセル

 

CBDオイル」とは、植物の大麻草から抽出される「CBD」というカンナビノイド成分(化学物質)を飲食可能に加工したオイル製品の一種です。

皆さんもご存知の通り「大麻(=マリファナ)」は法律で禁止されている薬物ですが、CBDオイルにも大麻と同じような違法性や危険性があるのでしょうか?

 

答えはもちろん「No」です。むしろCBDオイルは安心と安全が保障された、今世界で最も注目を集めている健康成分の一種です。

しかし、中には違法大麻成分である「THC」を含む危険なCBD製品も存在します。

過去にはCBDオイル製品を個人輸入した人が逮捕されたという事例もありました…!

 

そこでこの記事では、CBDオイルを安全とする根拠や、副作用の有無、危険性や違法性、気を付けなければいけない危険なCBDオイル製品などについて解説します。

 

CBDオイルと違法大麻の違いは?

大麻草とCBDオイル

「CBDオイル」は日本でも合法

CBD単一および、CBDを含むCBDオイル製品は日本でも完全合法となっています。

大麻草から抽出されるカンナビノイドを大まかに2種類に分けると「CBD」と「THC」に分別出来るのですが、CBDは合法で、THCは違法となっています。

原料はどちらも大麻草なのになぜ異なる法規制が行われているのかというと、THCは精神作用を引き起こす一方で、CBDは精神作用を引き起こさないからだそうです。

さらに、様々な薬理効果があることが近年の研究で分かっており、約100種類の疾患の治療・改善に効果的である可能性がある上に、すでにアメリカなどではCBD由来の薬剤が製造されるなど、世界的に「健康効果の高い成分」という共通認識になっています。

 

大麻は「THC」を含むため違法

一般的に「大麻」「マリファナ」と呼ばれる薬物は、「THC」を含んでいるため違法とされています。

THCを含む大麻(=マリファナ)は、摂取すると全身をダウナー感(神経を鎮静化させる作用)が襲い、脳の働きや感覚が鈍くなったりすると言われています。

この鎮静作用を医療目的で利用する「医療大麻」を合法化している国もありますが、日本ではこの精神作用が完全アウトなので、THCを含む製品は全て違法となっています。

 

CBDが安全だと言える根拠とは

CBDは日本でも合法で、依存性や乱用性がなく、危険性が少なく安全性の高い成分だと言われています。

その大きな根拠となっているのが世界保健機関(WHO)の研究報告と、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)による「禁止薬物リストからCBDを除外」です。

 

 

世界保健機関(WHO)が認めたCBDの薬理効果と安全性

書類

2017年に行われた薬物依存に関する専門委員会(ECDD)会議において、WHOは以下のような見解を正式に発表しました。

 

世界保健機関(WHO)が認めたCBDの効果・安全性

  • CBDは依存性および乱用性を示さない
  • CBDにはTHCのような精神作用がない
  • CBDは多くの疾患に有効的であるというエビデンスが多数ある
  • CBDを単一で摂取した場合の副作用は認められない

(参考文献:カンナビジオール(CBD)事前調査報告書

 

また、CBDの薬理効果については数々の疾患に有効的である可能性を示し、具体的な疾患名にも言及しました。

 

CBDの薬理効果が期待出来る疾患

  • てんかん
  • がん
  • アルツハイマー病
  • パーキンソン病
  • 精神障害
  • 関節リウマチ

 

このように、CBDは国際的権威を持つ世界保健機関(WHO)によって認められている健康成分なのです。

このWHOの発表を受けて、世界各国ではCBD市場に参入する企業や研究機関が増えました。

日本でも2019年内にCBD由来のてんかん新薬「エピディオレックス」の臨床試験(治験)が始まる見通しが立っており、一定の効果が認められれば今後日本でもCBDの需要が高まると見られています。

 

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)がCBDを「禁止薬物リスト」から除外

世界アンチ・ドーピング機構ロゴ

WHOの発表によってCBDに関する規制の見直しを行ったのが世界アンチ・ドーピング機構(WADA)です。

スポーツの国際大会におけるドーピング検査の実施や罰則規定の統一化など、国際的なアンチ・ドーピングに関する啓蒙活動を目的として設立された世界アンチ・ドーピング機構(WADA)は、なんと2018年にCBDを禁止薬物リストから除外しました。

従来の規定ではCBDやTHCを含む「天然及び合成カンナビノイド」全般を禁止薬物リストに指定していましたが、「CBDは身体に影響を及ぼさない」と判断し、リストから除外したのです。

 

それだけではなく、CBDオイルの使用を認めることによってアスリートに良い効果をもたらすのではないか、という見方も出ています。

 

CBDオイルがアスリートにもたらす効果

  • 緊張の緩和し、集中力を高める(リラックス効果)
  • 痛みを和らげる(鎮痛作用)
  • 炎症を抑える(抗炎症作用)
  • 筋肉疲労の回復を早める

 

これらは極限状態で激しいトレーニングを行うアスリートたちにメリットとなる可能性が高い効果です。

実際にCBDオイルの使用を公言するアスリートが増え、総合格闘技協会がCBDオイル販売会社の公式スポンサーになったり、アスリート本人がCBDブランドを立ち上げたりと、早くも賑わいを見せています。

 

気になるCBDオイルの副作用は?

基本的に、純粋なCBDに副作用はないとされています。

ただし、以下に当てはまる人は何らかの副作用が起きやすいのでCBDオイルを摂取すべきではないとされています。

 

CBDオイルを摂取すべきではない人

  • 妊娠・授乳中の人
  • 頻繁に運転・機械の操作を行う人
  • 血友病患者
  • 日常的に常備薬や処方薬を服用している人

 

 

妊娠・授乳中の人

アメリカ食品医薬品局(米FDA)によると、妊娠・授乳中のCBDオイルの摂取は胎児および乳幼児に悪影響を与える可能性が否定出来ないことから、使用に勧告を出しています。

米FDAはCBDオイルが胎児および乳幼児に与える影響に関して研究途上であることから、この時期にCBDオイルを摂取するにはリスクが高いと判断したようです。

 

頻繁に運転・機械の操作を行う人

CBDオイルを摂取すると眠気を誘発することから、運転の直前のCBDオイルの摂取は控えるべきだと言われています。

研究によるとCBDオイルは不眠症などの睡眠障害の治療にも有用性が高いことが分かっているので、やはり眠気を誘発する可能性は高いです。

効果の出方に個人差はありますが、摂取直後の運転などは控えるべきでしょう。

 

血友病患者

CBDオイルには「抗凝固剤」作用がある可能性が指摘されています。

血友病患者がCBDオイルを摂取すると凝血を妨げる恐れがあるので、使用するのは止めましょう。

 

日常的に常備薬や処方薬を服用している人

純粋なCBD単一成分に重大な副作用は認められていないものの、日常的に何らかの薬を服用していると相互作用によって何らかの症状が現れることがあるようです。

現時点で報告されている副作用も、薬との飲み合わせが悪かったことが原因である可能性が非常に高いとの

 

本当に危険なのはCBDオイルの「粗悪品」

最悪の場合「逮捕」!?CBDオイルの個人輸入にはご注意を!

骸骨の絵が描かれた薬品

CBDそのものに危険性がないということはお分かり頂けたと思いますが、一つだけ注意点があります。

CBD製品には粗悪品が含まれているということです。

とくに海外で製造されたCBDオイルの中には、微量ながらTHCや農薬が混入しているモノや、そもそもCBD含有量が虚偽表示されているものなどがあります。

CBD製品はモノによって価格帯も全然違うので一概には言えませんが、やはり相場より安い商品の方が粗悪なケースが多く、不純物が多く含まれている可能性が高いです。

 

嘘のような本当の話ですが、過去には「海外のCBD製品を個人輸入したら税関のTHC検査で引っ掛かって購入者が逮捕された」というケースがありました。

このような事態に陥らないためにも、販売元や商品情報をしっかりと見極めなければいけません。

 

販売元にもご注意を!CBDオイルを購入する際のポイント

海外ブランドの製品の場合、輸入元が怪しくないか、THCが含まれた粗悪品でないかなどを見極めなければなりません。

購入する際には、以下のポイントを意識することが大事です。

 

CBDオイルを購入する際のポイント

  • 海外製品を個人輸入しない
  • 国内の工場で製造・加工された「国産CBD」を選ぶ
  • 楽天やYahoo!など、大手通販サイトに出ているCBDブランドから購入する
  • 百貨店などに出店しているCBDブランドから購入する

 

以上のポイントを意識するだけで、THCや不純物を含む粗悪品に出会う確率はグッと下がります。

CBDオイルは体内に取り込むものですので、ブランドの知名度が高く、販売元がしっかりしている商品を選ぶようにしましょう。

 

CBDオイルは安全で健康効果の高い成分。安心して利用しよう!

CBDオイルには依存性・乱用性・違法性がなく、むしろ健康効果の高い成分であるということはもはや世界の共通認識となっています。

ですが、日本ではまだまだ正しい認識が広まっていないのもまだ事実…!

大麻草由来の成分というだけで「CBDオイルって何だか怪しい…」と思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、CBDは世界的権威を持つWHOやWADAも認めるほど安全性が高く健康効果の高い成分です。

正しい知識を持ち、粗悪なCBDオイル製品に引っ掛からないように注意し、安心して日常生活で活用しましょう!

 

管理人おすすめ記事