チョコレート

 

ピエール瀧さんのコカイン使用が記憶に新しい中、またもや危険薬物のニュースが確認されました。

3月10日に東京・荒川区でダンス同好会のイベントに参加していた男女の体内から、大麻の成分が検出されていたそうです。

同じ社交ダンスのイベントに参加した7名の男女は、イベント中に手足のしびれや呼吸困難などの症状を訴えて搬送されました。
現在は体調が回復しており、命に別状は無いそうです。
その後の尿検査などで体内から大麻成分が検出されたことから、大麻成分の摂取により体調不良が引き起こされたと考えられています。

 

突然の体調不良!その原因とは?

共通点は外国製のチョコレート菓子

お土産のチョコレートこの7名には会場にあった海外製のチョコレート菓子を食べたという共通点があり、警視庁はこのチョコレート菓子に大麻が含まれていたとみて調査を行っているようです。

イベントの関係者によると、イベントには100名以上が参加しており、このチョコレート菓子は参加者の1人が持ってきた外国製のものだったそうです。

 

意外に多い?マリファナ入りフード

あの大手ブランドも?『大麻入り』が大流行!?

日本では危険薬物として日常生活で見ることのない大麻ですが、海外では大麻を合法化している国も多いため、今回の様な事件に発展してしまう事もあるようです。

中でもアメリカでは大麻を配合したドリンクが頻繁に生産されており、日本でもなじみの深いハイネケン社やコカ・コーラ社などの大手ブランドが積極的に開発を行っているようです。

 

↓日本でも発売開始!?大麻入りドリンクをチェック↓
【2019年春】CBDドリンクがファミマから販売!?日本にもCBDブーム到来の予感!
【日本初】天然麻由来成分「CBD」入り清涼飲料水『CANOVY WATER』が新発売!

 

危険なのは『THC』?

『THC』含有量に要チェック!

倒れている女性の手大麻使用者が多い米国では以前から大麻入り食品を手作りする人や購入する人が多いそうです。
しかし、そんな米国でも最近の大麻入り食品にはかなりの注意が必要なようです。

最近の大麻入り食品は有機溶媒を使って大麻成分を抽出した、高濃度の大麻オイルが使用されているため、通常の喫煙使用で1回に摂取する量の何倍もの大麻成分『THC』を摂取してしまうそうです。

また、効果をすぐ実感できる喫煙での摂取と異なり、大麻入り食品は効果を感じるまでに時間が掛かるため、食べ過ぎてしまうこともあるようです。
『THC』の含有量はパッケージに表示されていますが、それに気づかなかった人や小さな子供が大量に食べてしまい、緊急搬送されるケースが合法化に伴い急増していると報告されています。

 

日本人の大麻利用は禁止!輸入も認められていません

大麻と裁判のベル今月はこの大麻入りチョコレート事件以外にも、大麻が練り込まれたスナック菓子などをアメリカから輸入したとして男女2名が逮捕されているそうです。

日本人の大麻所持や使用は処罰の対象となっており、合法化の国に旅行に行った際でも大麻を利用することは認められていないそうです。

 

日本でも合法な大麻入りチョコレートとは?

日本でも大麻入りチョコレートが販売されている本当?

CBD入りチョコレート

同じ大麻草から抽出される成分でも『CBD』であれば、日本人も安全に利用することが出来ます。

2018年に伊勢丹新宿店で販売された「エクシノール社」と「IMALIVE」のコラボ商品である『CBD RAW CACAO BAR』は大きな注目を集めました。
今でも「IMALIVE」の公式サイトで購入することが出来る人気商品です。

大麻入りチョコレートのまとめ

安全性を考慮するなら断然『CBD入り』!

チョコレート

今回は大麻草の危険成分である『THC』による中毒事件を紹介しました。
海外で大麻の合法化が進むにつれて大麻フードが増え、日本でこのような事件が多発するのは恐ろしいですね。

『CBD』は大麻草の成分でありながら日本でも安全に摂取が出来るため、大麻よりも『CBD』が世界的に広まってくれれば嬉しいですね。
同じチョコレートでも私は断然CBD入りチョコレートを選びます。

また、CBD人気に伴ってCBDオイルの取扱店が急増してきたように感じています。
信頼できるCBDオイルを販売する企業が増えてくれることに期待したいと思います!

 

↓大麻草の成分『CBD』を知ってみませんか?↓
「CBD」について知るにはココをクリック

 

管理人おすすめ記事