スマートフォンを持つ手

 

近い将来に医師から薬ではなく「スマートフォンアプリ」を処方される時代が訪れるかもしれません。

2019年5月30日に記者会見を行った株式会社キュア・アップ(CureApp, Inc.)は、ニコチン依存症治療用アプリの治療結果が良好であったことを発表しています。

 

治療アプリを開発している『株式会社キュア・アップ』とは?

アプリで治療する未来を創造するCureApp

 

タブレットを使う女性の手

株式会社キュア・アップ(CureApp, Inc.)は、従来の医薬品やハードウェア医療機器では対応しきれなかった病気を治すために、医学的エビデンスに基づいたソフトウェア医療機器「治療アプリ」の開発を行っている会社です。

テクノロジーの進化に伴い開発された「治療アプリ」という革新的な治療方法を提案することによって、今まで治療が難しいとされていた病気の改善を目指しています。

 

株式会社キュア・アップの『治療アプリ』とは?

CureAppの治療アプリってどんなもの?

 

医療用チェックシート

『治療アプリ』は、スマホなどのモバイル機器を通じて得られる日々のデータを医学的知見を搭載したアルゴリズムが解析し、個々のユーザーにパーソナライズドされたガイダンスを実施するためのアプリケーションです。

アプリケーションを通してアドバイスを提供するため、来院の間隔が開くことによって発生する治療空白にもユーザーと医師がデータを共有してサポートを継続することが出来ます。

ユーザーは医師から提供されるガイダンスを基に行動することによって、病気の回復を早めることや進行を予防することなどが出来るそうです。

医師(指導者)は「治療アプリ」によって記録されたデータを確認することによって、適切な指導内容を提示することが出来るそうですよ。

 

治療アプリの開発はどこまで進んでいるの?

CureApp禁煙(ニコチン依存症治療)アプリの開発報告

 

会議中の人

株式会社キュア・アップでは、2019年5月30日に記者会見を開いて開発中の治療アプリ「CureApp禁煙(ニコチン依存症治療)アプリ」の新着状況を発表しました。

記者会見では同アプリが禁煙の継続に有効であることを確認したことや、2020年の保険適用を目指して既に薬事申請を行っていることなどを明らかにしました。

 

今後リリースされるCureAppの治療アプリは?

 

スマートフォンを見ている人

株式会社キュア・アップ(CureApp)では現在、6つの治療アプリを開発中だそうです。
アプリは医療機関向けに開発されているものがほとんどですが、医療機関での実施結果を応用した法人に向けのアプリケーションも順次リリースされるそうです。

 

CureApp禁煙(ニコチン依存症治療)

 

ニコチン依存症を改善するための治療アプリケーションです。
心理的依存に効果を発揮するように、治療アプリが禁煙治療の状況や体調に応じたガイダンスを配信します。

 

NASH App (非アルコール性脂肪肝炎NASH治療)

 

肝硬変や肝臓に進行することが知られているNASHを治療するためのアプリケーションです。
計測データに基づいて、個々のユーザーに最適な食事療法や運動療法を提案します。

 

HERB(高血圧治療アプリ)

 

ライフスタイルや考え方などを自動分析したデータから、各ユーザーに最適化した治療ガイダンスを提供します。
健康意識や行動変容を促し、食事や運動などから生活習慣を改善します。

 

ascure(アスキュア) 卒煙プログラム

 

「治療アプリ」の開発にて蓄積した知見を、法人や組合に向けて配信するためのアプリケーションです。
従来の禁煙外来が持つ課題に対し、テクノロジーで対抗することが出来ます。

 

ascure SPARX(アスキュア スパークス)メンタルヘルスプログラム

 

「治療アプリ」の開発にて蓄積した知見を、法人や組合に向けて配信するためのアプリケーションです。
メンタルヘルス領域のプログラムを駆使し、認知行動療法に基づく心理ケアを提供するカウンセリングプログラムです。

 

ascure STEPS(アスキュア ステップス)生活習慣プログラム

 

医師開発アプリとオンライン指導、LoTワイヤレス体重計が一体化したアプリケーションです。
CBT(認知行動療法)のアプローチを用いた3ステップによって生活習慣改善の努力対象を限定、弱点を特定することによって「最小の努力で最大の成果」を創出します。

 

「治療アプリ」今後の注目ポイントは?

ニコチン依存症完治の報告に期待!

 

たばこ

2019年5月の記者会見で治療アプリがニコチン依存症改善に効果的であることが分かったことにより、2020年には医師により治療アプリが処方される時代が来る可能性が高いことが明らかとなりました。

これから株式会社キュア・アップ(CureApp)では依存症の完治に向けたプログラムの継続や、アプリのリリースに向けた作業を行うようです。

治療アプリによってニコチン依存症を完治する患者は現れるのでしょうか。
今後の株式会社キュア・アップ(CureApp)のアプリケーションの動きに期待して見守っていきたいと思います!

 

管理人おすすめ記事