薬と体温計

薬物依存症とは?

薬物依存症は麻薬や覚せい剤などの薬物を繰り返し利用することによって、心身に何らかの問題が発生しているにも関わらず、その薬物の利用を抑制・中止することが出来ない依存症のことだそうです。

薬物依存症が発症すると、ある特定の薬物が利用できないことによる過度な不快感やイラつきから、落ち着いて生活を送る事や他人と会話をすることなどが困難になり、危険な区域にある特定の薬物を求めて侵入したり、依存対象の薬物を購入するために借金をしたりといった、大きな問題を引き起こしてしまうようです。

また、薬物の持つ特性が脳のメカニズムを麻痺させることによって、幻覚障害やけいれんなどの症状を引き起こす危険性も高いと言われています。

現在の日本では、薬物には違法性のある違法薬物と違法性がない合法薬物が存在し、違法性のある違法薬物は、一度でも利用すると逮捕されるようです。
また、逮捕により薬物依存症の改善に繋がるケースは稀で、再犯率はかなり高いと言われています。

『麻薬』『覚せい剤』『あへん』などの
違法薬物については『薬物/ドラッグ』をご確認ください。

 

違法性のない薬物依存症とは?

薬物と聞くと、「大麻」や「覚せい剤」「MDMA」などの違法薬物を思い浮かべることが多いですが、これらの違法薬物は入手が難しく、値段も高額であると言われています。
これらの違法薬物とほぼ同じ効果を得ることが出来るとして、薬物依存症患者に増えているのが、病院や薬局で手に入れることが出来る、風邪薬や処方箋に依存する違法性のない合法な薬物依存症』だそうです。
違法薬物と比較すると効果は弱いものの、似たような効果を法律に引っ掛からずに得ることが出来るとされているようです。

※風邪薬や処方箋に違法性はなく、その利用は合法とされていますが、過度の摂取は身体や脳へ悪影響を及ぼします。用法容量を守り、安全に摂取しましょう。

 

薬物依存症が抱える問題

薬物依存症の問題は薬物の効果が切れかかることにより生まれる薬物を摂取したいという強い欲求や、薬物を常用することによって薬物を摂取していないと正常の思考回路でいることが出来ないことから発生します。
薬物依存症患者の中には薬物依存症を重症化させてしまったことにより、家族や友人に日常的に嘘をつくようになったり、薬物を購入するために膨大な金額を請求したり、薬物を手に入れる為の異常な行動を起こしたりするという症状が頻繁に見られるようです。
また、薬物依存症患者は利用している薬物の効果が切れることにより、薬物の効果で正常に動かしていた脳のコントロールが麻痺し、正常な思考状態から外れてしまうため、幻覚が見えたり、急激に気分が落ち込んでうつ状態になったりすることがあるため、薬物依存症を重症化させればさせるほど、日常生活が困難になっていくようです。

 

薬物依存症から抜け出したい

薬物依存症患者の多くは興味や好奇心によって薬物を使用したことで、薬物依存症を発症しているようです。
薬物に依存することで自分を取り巻く環境が悪くなっている自覚や、継続することに経済的な困難を抱えることなど、さまざまな問題を理解して薬物を使用している人が多く、薬物依存症の状態から抜け出したいと考えている人はとても多いようです。

しかし、薬物を利用している現実と向き合うことや薬物に備わっている依存性の高さから、薬物への依存を辞めることが出来ず、悩みが深くなるにつれて依存症がさらに重症化していくようです。

その結果として、逮捕された時に『これで薬物への依存を辞められる』と逮捕してくれた警察官に感謝をする人が多く、保釈後は薬物依存症改善の為の施設や自助グループに通い始める可能性が高いそうです。

 

薬物依存症の原因

薬物依存症は自分自身と向き合うことが苦手な人が発症しやすいと言われています。
抱えている問題にまとわりつく不安や不満などの負の感情を、薬物を利用することによって感じなくさせることで、抱えている問題から逃避することが出来るため、繰り返し薬物を利用し、重度の依存症を発症させてしまうようです。

また、興味や好奇心が旺盛で日常生活に退屈を感じてい人は、毎日の生活にフラストレーションを抱えている場合が多く、退屈を打破するために薬物の効果に頼ることが多いと言われています。

薬物は繰り返し利用することによって、脳の神経系が麻痺を起こし、薬物の利用間隔が短くなったり、利用量が増えたりすることによって重症化すると言われています。
ある問題が発生し、薬物を1度利用してしまった時に、問題の対処法が分からない・自分が何故薬物を利用したかを考えることが出来ない場合に、同じようなシチュエーションで再び薬物を利用してしまう事が多いと言われているため、薬物を利用しそうになった場合は自身の問題としっかり向き合うことがおすすめのようです。

薬物依存症は環境によって発症する?

1980年にサイモン・フレーザー大学のブルース・アレクサンダー博士らが行った『ネズミの楽園 RatPark』と呼ばれる実験によれば、薬物依存症は環境によって発症するケースも存在するようです。

『ネズミの楽園 RatPark』では、1匹ずつ金網で出来た檻に入れられたネズミの巣と、楽園と呼ばれる環境を整えた場所に入れられた数匹の居住環境が異なる2つのネズミの巣を作り、両方の巣にモルヒネが入った水と普通の水を置いてネズミがどのくらいモルヒネの効果に依存するのかを実験しています。

この研究により、1匹ずつ檻に入れられたネズミがモルヒネが入った水を大量に消費しているのに対し、楽園にいるネズミはモルヒネが入った水をあまり飲まなかったそうです。
この研究結果により、自分のいる環境に満足できていない人理想が高い人薬物に依存しやすいということが証明されています。

またこの実験では続きとして、1匹ずつ檻に入れられていたネズミを楽園に移動させて実験を継続しています。
実験結果によると、1匹ずつ檻に入れられたネズミは楽園の中で他のネズミと交流をしたり、一緒に遊ぶことで、モルヒネの離脱症状に苦しみながらも、モルヒネから脱却するようになるようです。

この実験結果により、薬物依存には周囲の環境が深く関係しているということが証明されています。

 

薬物依存症の症状

薬物依存の大きな症状としては、薬物の効果が切れた際に出現する薬物の離脱症状が多くあげられます。
薬物を利用しているときは脳の神経系が麻痺を起こしているため、不快感や不満を感じることが無い内容であっても、薬物の効果が切れていると過剰に反応したりしてしまう事があるようです。
薬物の離脱症状には以下の様な症状があります。

【主な薬物依存症の離脱症状】

・薬物を使いたいという強い欲求が出る
・薬物がないことで不快感や不満感を感じる
・脳が興奮状態になり眠れない(不眠)
・自分を過剰に責める
・妄想や妄言/幻覚
・筋肉や関節の痛み
・嘔吐や下痢などの身体症状
・食欲亢進
・けいれん発作

 

薬物依存症の予防と治療

薬物依存症を発症する『薬物』には依存性が高いものが多いと言われており、繰り返し利用を行うことで、薬物の効果が切れた際に幻覚やけいれん発作などの強い離脱症状が現れる場合があるようです。
重度の薬物依存症患者の離脱症状では、死に至る場合もあると言われているようです。

薬物依存症は治療で完治することはとても難しく、薬物依存症が1度でも発症してしまった場合は、依存症改善のために薬物依存症を改善する専門の施設への通院や自助グループへの参加が望ましいとされています。

回復のための専門施設や自助グループは全国に配置されており、専門医や警察官からの紹介だけでなく、本人の意思で通院や参加をすることも出来るそうです。

薬物依存の回復には「薬物を利用して失った物を理解し、取り戻していく」という意味が込められており、薬物依存者は回復の為に「なぜ自分は薬物を使わなければいけなかったのか」という薬物に依存する原因となった問題について目を向けていくことが出来るそうです。
薬物依存症からの回復では周囲や自身に嘘をつく生活を改めて、依存症患者が周囲や自身に正直になることが大切であり、『薬物を利用している自分』を依存症患者自身が受け入れ、それを周囲が認め、サポートしていくことが必要なようです。

管理人おすすめ記事