カバンの中身

盗難依存症とは?

盗難依存症(窃盗症)とは、利益目的の窃盗ではなく、窃盗を行うときの緊張感や窃盗後の解放感などの精神的起伏を目的として窃盗を繰り返してしまう精神障害の一種だそうです。
窃盗するもの自体は0円から数百円と安価なものですが、何度も窃盗を繰り返してしまうので、逮捕数が複数回に及び、結果として社会生活に支障をきたしてしまうというケースがほとんどだそうです。
物を盗みたいという強い衝動や欲求が自分の意志では制御できず、コントロールができなくなる病気です。
合併症として過食症や買い物依存症を引き起こすことも多いようです。

 

盗難依存症とクレプトマニアは違うの?

盗難依存症とクレプトマニアは同じ『盗難』を繰り返す病気ですが、盗難依存症では盗ったものを個人的に利用する場合があるのに対し、クレプトマニアは盗難した商品や物を一度も利用しないという違いがあります。
日本では盗難を繰り返す人という意味で利用される場合が稀にあるそうですが、アメリカの精神医学会の診断基準である『DSM-5』では、『A:個人用に用いるものでもなく、またはその金銭的価値のためでもなく、物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなることが繰り返される』と記載されています。
この『DMS-5』により、クレプトマニアは盗難の達成感やスリル感にハマり、盗難を繰り返している人のことを指しており、盗難物を転売や利用目的で盗難したり、盗難後に盗難物をプレゼントしてしまう人に対してクレプトマニアという名称を使うことは無いそうですよ。

 

盗難依存症の特徴

多くの盗難依存症患者には以下の様な特徴があると言われています。

 

お金があるのに窃盗(万引き)を繰り返してしまう

盗難依存症患者は、物が欲しいために窃盗をすることは無いと言われています。
盗難依存症患者が欲しているのは、物を窃盗する時のスリルと、窃盗した後の解放感などの精神的起伏だそうです。
そのため、繰り返し窃盗するものはバッグやアクセサリーなどの高価なものではなく、アメやガムなどの比較的安価なものだそうです。

 

ストレスが溜まっている

ストレスや不安、寂しさなどの感情の穴埋めをするために盗難依存症患者が窃盗を行っているケースはとても多いようです。
窃盗を行うことによって、発生する達成感やスリル感などの感情が、自分の満たされていない感情を満たしてくれるため、窃盗行為を繰り返し、依存症を重症化させてしまうそうです。

 

窃盗するものは欲しいものではない

盗難依存症患者が窃盗する物は、盗難依存症患者が欲しいと思っている物ではない場合が多いです。
そのため盗難をしても他人へ譲ったり、捨てたり、店や友人に返したりすることが多いようです。
物が欲しいというよりも、ストレス発散のためのゲームやスポーツの様な感覚で盗難を繰り返すのが盗難依存症だそうですよ。

 

盗難依存症の原因

盗難依存症患者の盗難理由で一番多いのが『気持ちを落ち着かせるため』だそうです。
盗難依存症患者は溜まったストレスの発散や悩みや不安などの感情をごまかすための手段として盗難を行い、スリルや達成感によってストレスを発散したり、不安や悩みなどをごまかしているようです。
このような感情からの盗難行為を繰り返すことによって、脳が次第にスリルや達成感を求めるようになり、盗難をしないと落ち着かない状態になってしまうため、盗難を繰り返し行ってしまうようです。

 

盗難依存症の問題点

盗難依存症の症状は物を盗難してしまう事です。
盗難依存症が重症化すると無意識で物を盗ったり、意識的にダメなことだと分かっていても、物を盗らないと落ち着くことが出来なくなってしまったりします。

盗難する商品は安価なものが多く、盗難後に返しに行くことなどもあるため、1度であれば許してもらえることもあるようですが、繰り返し盗難を行うことによって社会的信頼を失うこともあるようです。
盗難依存症患者は社会的信頼を失っても、盗難することが癖になっている場合が多いため、無意識に盗難を繰り返してしまい、離婚や家庭崩壊などの問題に繋がる恐れがあるようです。

 

盗難依存症を引き起こしやすい人の特徴

盗難依存症は女性が発症しやすい病気だと言われています。
盗難依存症の発症には人間関係が大きく関係していると言われており、職場や家庭で担う役割が多い女性にとって、盗難は手ごろなストレスや不満や不満の解消手段となっているようです。
盗難依存症の改善でクリニックを受診する人の約7割が女性であるという統計も取られており、女性にとって身近なスーパーなどでの盗難被害は後を絶たないようです。

また、家計を任せられる中で夫から執拗に節約を迫られる経済的虐待を受けたり、妻として周りからの評価を気にしすぎるあまり、それがプレッシャーとなって盗難を行うこともあるようです。

その他の盗難依存症を発症しやすい人の特徴としては、以下のような特徴があるようです。

・盗難行為を軽視している人
・いつも同じ場所で商品を購入している人
・購入している商品の価値を理解していない人

このような考えを持つことによって、自分の罪悪感とのバランスを取っているとも言われています。

 

クレプトマニアと間違えられやすい・合併しやすい病気

・前頭側頭型認知症
若年性認知症の一種で、40~50代で発症することが多い病気だそうです。
初期には記憶などの問題はほとんど見られず、性格の変化や社会的な行動から変化が現れると言われています。

主な症状
怒りっぽくなる
衝動的な行為が多くなる
無気力になる
今まで取り組んでいた家事や趣味への意欲が低下する
共感性や思いやりが低下し、自己中心的な言動が増える
同じような行為を何度も繰り返すようになる
味覚や食事量が変わる

 

・摂食障害
理想の体重や体型を求めすぎるあまり、極端な食事制限(拒食)や過度な運動、大量の食品摂取(過食)を行い、摂食に関する衝動がコントロールできなくなることです。
大量の食品摂取(過食)による食費の増大に困り、食品の盗難(万引き)を行う場合があると言われています。

 

・解離性障害
自身の起こした行動や出来事の記憶がすっぽりと抜け落ちたり、現実感のないままに行動してしまう精神疾患だそうです。
強いストレスが要因となる防御反応の一種ともされており、万引きをしたときの記憶が綺麗に無くなったり、頭の中で盗めという声が聞こえて物を盗んでしまったりという形で万引きに影響するようです。

 

・自閉症スペクトラム障害
発達障害の一種で対人コミュニケーションの困難、限定された興味・行動、反復行動が特徴的だそうです。
特定の対象に対するこだわりが強く、結果の見通しが立てづらいため、特定のものを何度も繰り返し盗むといった盗難行為が引き起こされるそうです。

 

盗難依存症の予防と治療

盗難依存症の治療には病院を利用するのがおすすめです。
しかし、盗難依存症改善のための病院は全国でも数が少なくなっており、住んでいる場所から改善のために通ったりすることは難しいと言われています。
もしも盗難依存症の改善施設が身近にない場合には、精神科を受診し、ヒアリングをしてもらうことが大切だそうです。
盗難依存症は精神的な不安感や寂しさ、大きなストレスが原因となっている場合が多いので、軽度の依存症であった場合や家族の協力を得ることが出来た場合には、精神科への通院で十分に完治させることが 出来るようですよ。

その際に家族は、盗難を行う依存症患者を犯罪者ではなく、窃盗を繰り返してしまう病気を持った人だと認識して接することが大事だと言われています。
盗難依存症は再犯率がとても高く、犯行が多発しやすい病気なため、依存症の完治までは何度も盗難を繰り返すことがあります。
そのような際も、完治を焦らせることなく、長い目で見て一緒に頑張ることが大切だそうです。

管理人おすすめ記事