大麻取締法違反の疑いで逮捕された スノーボード元日本代表 國母和宏選手

 

東京オリンピックが近づく中、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんとバンクーバーオリンピック日本代表で、プロスノーボーダーの國母和宏選手が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたそうです。

オリンピック出場時は服装の乱れで問題となった國母選手ですが、大麻取締法違反の疑いとは一体どういう事でしょう?

 

國母和宏容疑者とは?

プロスノーボード選手としてオリンピック出場

 

國母和宏選手 元日本代表

 

まずは國母容疑者について紹介したいと思います。

國母和弘(こくぼかずひろ)選手は日本のスノーボーダーです。

2006年に日本代表として、トリノオリンピックのハーフパイプに17歳で出場。

その後、故障や骨折などを行いながらも2010年のバンクーバーオリンピックに日本代表として出場。

このように、國母選手は2回もオリンピックの日本代表に選ばれた実力のあるスノーボーダーのようです。

 

 

國母選手は日本代表に相応しくない?

 

バンクーバーオリンピックの時の國母選手

 

オリンピックに出場した元選手だとして、國母容疑者がここまで話題になったのは何故でしょう?

それにはオリンピック出場時の態度が関係していました。

 

國母選手はトリノに続き、バンクーバーでもハープパイプの日本代表に選抜されました。

この時に事件は起きたのです。

 

なんと、國母選手は出国時に代表選手のみが着用できる日本選手団のスーツを個性的に着崩して登場したのです。

当人は「自分のスタイル」として主張をしていましたが、緩めたネクタイ、裾を出したシャツ、腰パンに避難が殺到。

日本オリンピック委員会や全日本スキー連盟には「日本代表としての自覚が足りない」と大量の苦情が来ていたようです。

 

また、この着こなしについて問われた國母選手は会見で「チッ、うるせーな」とつぶやき、「反省してま~す」と反省の様子がうかがえない状態で回答しています。

これが日に油を注ぐ形となり、大会への参加を辞退しなければいけないレベルまで問題が発展しました。

橋本聖子団長の判断で競技には出場できたものの、この一件で國母選手のイメージが悪くなってしまったことは間違いないでしょう。

 

 

現在は指導者としての一面も...!

 

スノーボードをする人

 

そんな國母選手は現在、全日本チームの技術アドバイザー(TA)として活躍しています。

高い技術力に加え、新しい技術に対しての情報が早い國母選手は多くの後進選手に慕われているそうです。

中でも今回の東京オリンピックで注目が集まっている平野歩夢選手とは実質的な指定関係にあり、訓練のみならず私生活でも深い関係を築いているようです。

また、平岡卓選手も尊敬する選手として國母選手の名前を挙げています。

これらは平野選手と平岡選手がソチ五輪でメダルを獲得したことで、大きな話題となりました。

國母選手の「改心」は多くのメディアで取り上げられていたようです。

 

 

國母選手に大麻取締法違反の疑い

大麻取締法の違反で逮捕された國母容疑者

 

國母和宏容疑者 逮捕

 

そんなメディアを騒がせている國母選手が、今度は大麻取締法違反の疑いで逮捕されたというのです。

厚生労働省麻薬取締部(通称:マトリ)によると、國母容疑者は去年12月にアメリカから大麻を国際郵便で日本に送ったそうです。

日本に密輸した大麻は、およそ57グラム。

個人で利用するには多いため、営利目的ので密輸ではないかとの疑いがもたれています。

この調べに対して國母容疑者は、大麻を密輸したということは認めているものの、営利目的という部分については否認しているとのことでした。

 

 

國母容疑者は大麻をワックス状態で密輸

 

大麻ワックス イメージ画像

 

日本国内に大麻を密輸したと認めた國母容疑者。

その後の調べで密輸したアイテムが「大麻ワックス」と呼ばれる危険性の高いものだったことが判明しました。

 

大麻ワックスは大麻の「幻覚成分を濃縮した」と報道されるようなアイテムです。

日本では違法成分とされているTHCを濃縮して、効率よく摂取することが出来るように加工されているようです。

日本での所持・使用はもちろん犯罪となります。

 

 

大麻の有効成分CBDがオススメ

CBDオイルはリラックス効果抜群

 

スノーボード 滑れない女性

 

今回、逮捕された國母容疑者は大会へのプレッシャーや技への恐怖心から大麻ワックスを使用していたのではないかと言われています。

また、若いうちから世界規模で活躍することによって大麻に対する意識も薄れていたのではないかという意見もあるようです。

 

しかし、日本では大麻の利用が認められていません。

どんなに苦しくても、怖くても、世界で大麻が認められていても、日本では使用することが出来ないのです。

そこでオススメしたいのがCBDオイルです。

 

CBDオイルは、大麻と同等のリラックス効果があるサプリメントです。

気分の落ち着きをサポートするため、集中力の向上や緊張の抑制などに効果的だと言われています。

2018年に世界アンチ・ドーピング機構(WADA)から使用が認められたCBD成分は、もちろん2020年の東京オリンピックでも使用が認められる予定だそうです。

國母選手には日本にいる間だけでも大麻ワックスの使用を控えて、CBDオイルを代用していて欲しかったですね...。

 

 

國母選手は今後どうなるの?

テクニカルアドバイザーは解雇?大麻は辞められる?

 

元スノーボード日本代表選手 國母和宏

 

回復したイメージが、また悪くなってしまった國母選手。

営利目的という部分は否定しているものの、密輸自体は認めています。

去年アメリカから国際便で大麻を日本に送ったということで、既に約1年ほど大麻を利用していたのでしょう。

危険成分が濃縮している大麻ワックスを利用していたこともあり、かなりの中毒者なのではないでしょうか?

 

色々とお騒がせな選手でしたが、スノーボードの実力は確かだった國母選手。

今回の事件を受けて選手として大会へ出場することはもちろん、テクニカルアドバイザーに再任することも有り得ないと思うので残念で仕方がありません。

今後はこのようなことが無いように、ぜひスポーツマンの皆さんにはCBDオイルを使っていただきたいと思いました。

 

管理人おすすめ記事