ピエール瀧

 

3月13日夜、衝撃的なニュースが飛び込んで来ました!

ミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が、麻薬取締法違反で緊急逮捕されました。

 

電気グルーヴとして活躍する一方、現在、大河ドラマ「いだてん」にも出演中で、日本のテレビ界・映画界に欠かせない存在となっているピエール瀧氏。

 

彼はどんな容疑で逮捕され、今後どうなるのでしょうか?

 

ショック!ピエール瀧、コカイン使用容疑で緊急逮捕

逮捕容疑は「コカイン使用」

逮捕される人

麻薬取締部(通称:麻取)によると、3月12日頃、東京都またはその周辺でコカイン若干量を使用したという情報が寄せられたとのこと。

そこで瀧容疑者の自宅を家宅捜査したところ、コカインの吸引に使用したと思われるストロー状に丸められた韓国紙幣1枚を押収しました。

任意同行で実施した尿検査ではコカインの陽性反応が見られ、本人も「間違いありません」と認めたため、3月13日の23時過ぎに緊急逮捕に至ったとのことです。

 

自宅からコカインは押収されていないとのこと

家宅捜査において自宅からストロー状に丸められた韓国紙幣は見つかったものの、コカインなどの違法薬物は押収されていないとのことです。

このことから、逮捕容疑はコカインの「所持」ではなく「使用」になったと考えられます。

 

麻薬取締部は昨秋から動向を注視していた模様

瀧容疑者が薬物を使用しているという情報が寄せられ、麻薬取締部は昨年の秋から動向を注視していたとのことです。

同部による入念な下調べがあった上で逮捕に至ったようです。

 

麻薬取締部は瀧容疑者のスマートフォンの解析を進め、コカインを使用した時期や入手経路などを調べる予定だという。

 

ミュージシャンに俳優として活躍、ピエール瀧とは一体どんな人物なのか

ピエール滝

本業はミュージシャン

静岡出身で、同郷の石野卓球氏と結成したテクノユニット「電気グルーヴ」としてデビューし、1997年に発表した「Shangri-La」が大ヒットしました。

本業であるミュージシャンの傍ら俳優業もやっているわけですが、瀧容疑者はインタビューで、電気グルーヴを「娯楽用の仕事として捉えている」と答えています。

多方面で活躍しながらも、電気グルーヴは良い意味で力を抜ける場所ということでしょう。

 

近年は俳優としても引く手数多

現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん」に出演中である他、「龍馬伝」や「あまちゃん」、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」「モテキ」「凶悪」「そして父になる」「シン・ゴジラ」「怒り」「アウトレイジ」「孤高の血」などの数々の有名作に出演しています。

 

とくにピエール瀧氏が演じる悪役は見事にハマり、悪役が似合う俳優ランキングなどでも上位にランクインしています。

 

現在、「いだてん」に関しては公式HPから瀧容疑者の写真が削除されたとのことですが、今後の方針は未定とのことです。

 

今後、瀧容疑者が受けるであろう法的罰則は?

そもそも「麻薬取締法」とは

裁判

今回の逮捕に適用された「麻薬取締法」とはそもそも何なのでしょうか?

 

「麻薬取締法」は正式に「麻薬及び向精神薬取締法」という法律です。

麻薬及び向精神薬とは、ヘロインモルヒネコカインMDMAなどを指し、その施用所持譲受製造輸入輸出に関する取締りを定めています。

 

瀧容疑者に適用される罰則は?

今回、瀧容疑者の逮捕容疑はコカインの「使用」。

使用に関しては以下のような罰則が定められています。

 

内容 麻薬の種類 営利 / 非営利 刑罰
所持

ヘロイン 非営利 10年以下の懲役
営利 1年以上の有期懲役、情状により500万円以下の罰金を併科
その他の麻薬(モルヒネ・コカイン・MDMAなど) 非営利 7年以下の懲役
営利 1年以上、10年以下の懲役、情状により300万円以下の罰金を併科
使用

ヘロイン 非営利 10年以下の懲役
営利 1年以上の有期懲役、情状により500万円以下の罰金を併科
その他の麻薬(モルヒネ・コカイン・MDMAなど) 非営利 7年以下の懲役
営利 1年以上、10年以下の懲役、情状により300万円以下の罰金を併科

 

こちらの表を見て分かるように、今回瀧容疑者が受けるであろう罰則は7年以下の懲役、または1年以上10年以下の懲役、情状により300万円以下の罰金を併科であると思われます。

ただし、営利目的ではなく瀧容疑者個人が非営利目的で使用している可能性が高いので、7年以下の懲役になるものと予測されます。

 

過去に薬物使用で逮捕された芸能人が受けた判決

高知東生(たかちのぼる)

高知東生

覚せい剤取締法違反、および大麻取締法違反で逮捕
それぞれの懲役2年執行猶予4年の有罪判決

元妻は女優の高島礼子さんですが、横浜市のホテルでクラブホステスと一緒にいたところを逮捕されました。

高島礼子さんと婚姻関係にあった時から暴力団との関係が噂されていたとのこと。

泥沼です。

 

清原和博

清原和博

覚せい剤取締法違反で逮捕
懲役2年6ヶ月執行猶予4年の有罪判決

野球界では知らない人がいない清原和博氏。

保釈後、身元引受人になった父親は体調不良、母親は認知症。

弟とは絶縁状態で、元妻とは離婚して息子にも会えていない状態だという。

保釈後は病院のVIPルームに直行し、現在も薬物依存の治療・回復プログラムを受けているようです。

 

ASKA

ASKA

覚せい剤取締法違反で逮捕
懲役3年執行猶予4年の有罪判決

10年間愛人関係にあった女性と共に逮捕されました。

一旦は保釈されたものの、再び覚せい剤使用の疑いで逮捕。

しかし、尿検査の結果に関して「尿ではなくお茶を入れた」などと発言して世間を騒がせ、嫌疑不十分で保釈されました。

 

酒井法子

酒井法子

覚せい剤取締法違反で逮捕
懲役1年6ヶ月執行猶予3年の有罪判決

自称サーファーの夫と共に逮捕されました。

息子が一人いますが、なんと息子といる時にも覚せい剤を使用していたというから驚きです…。

現在は執行猶予期間を終えて、今月27日に約11年ぶりに地上波で芸能界復帰するようです。

 

初犯なら大抵の場合は執行猶予がつく

過去の芸能人の逮捕歴を見ても、執行猶予がついている場合がほとんどです。

また過去に犯罪歴がなく、ごく少量の使用だった場合、懲役1年6ヶ月に3年間の執行猶予がつくケースが多いというデータが出ています。

 

瀧容疑者の場合も、過去に犯罪歴がなく自宅から大量の薬物が押収されたわけでもないので、執行猶予がつく可能性が高いと見られています。

 

ピエール瀧氏の今後は

違約金は数十億円!?

最近逮捕された新井浩文容疑者は、仕事関連の違約金が5憶円にも上ると報じられていました。

ピエール瀧容疑者の場合、NHK大河ドラマとライブツアーの真っ只中ということもあり、放送中止や撮り直し、またライブ公演中止になるなどの可能性があります。

そういった可能性を考えると、その違約金は数十億にまで上るのではないかと言われています。

 

今後のテレビ復活の可能性は

過去の例から見ると、薬物関連で逮捕された芸能人はそのまま姿を消すか、数年後に復活する場合が多くなっています。

瀧容疑者の場合、これだけ数多くの作品に出演しており、また世間からの好感度も非常に高いことから、数年後にはまたテレビ復活するのではないかと見られています。

 

管理人の超個人的意見

ピエール瀧に代わる俳優はいない!

凶悪広告

超個人的な意見になりますが、今回の報道には大変ショックを受けました。

とくに映画「凶悪」での演技は本当に最高で、悪びれもなく当たり前のように殺人を犯す姿なんかはもう圧巻。

悪役を演じさせたら右に出る者はいないんじゃないかと思うほどの演技力です。

 

Twitterの声

 

 

 

 

 

全力で分かる。

悪役のイメージとは裏腹に視聴者からの評判も良く、好感度が高かったことが分かります。

それゆえにショックも大きい……

 

管理人個人としてはピエール瀧に代わる俳優はいないと思っていますし、もはや「ピエール瀧のいない日本映画なんて…」と思うぐらい好きなので、早く瀧氏の作品が観られることを強く願っています…!

 

一方で、ちょっと不安な要素も…

悪役のピエール滝

コカインは日本国内での流通量が非常に少なく、入手ルートがかなり限られる麻薬です。

そのため、入手するためにはそれなりのコネと、それなりのお金が必要になるんですよね……

 

ということはですよ?

"そういう世界の方々"とのお付き合いがあるということは容易に想像がつくわけで…

勝手な予測でしかありませんが、私たちファンが知ることのない一面を持っていたりもするのかな?なんて思いました。

 

どちらにせよ、真っ当に更生して、早く芸能界に復帰してくれることを願っています!

 

 

 

 

 

管理人おすすめ記事