角砂糖とスプーン

 

砂糖依存症(甘味依存症)とは?

砂糖依存症(甘味依存症)とは?

砂糖依存症は甘いものを摂取しないことによって落ち着きが無くなったり、疲れやストレスが溜まってしまうため、甘いものを繰り返し頻繁に摂取してしまう病気です。
砂糖の依存性は覚せい剤などの薬物に匹敵すると言われており、糖分が消化酵素の力でブドウ糖へと変わることで体内の血糖値が上昇し、インスリンが大量分泌されると脳がエネルギー不足を訴え、エネルギー(糖分)を強く要求するため、砂糖依存症は発症するそうです。
また、甘いものを摂取することで分泌される脳内神経伝達物質(ドーパミン/セロトニン/ノルアドレナリンなど)によって、簡単に幸福感や癒しを得ることが出来るため、依存行為がエスカレートしやすい危険な依存症だと言われているようです。

角砂糖

 

砂糖依存症の発症って?幸せホルモン「セロトニン」に頼ると危険?

仕事から帰った時、嫌いな人と会った後、大事な会議が終わった時、たくさん遊んだとき、運動をした後など、身体が疲れたときや大きなストレスを感じた時に甘いものを食べる人は危険です。
甘いものを食べると幸せホルモンである「セロトニン」が分泌され、幸福感や癒しを感じることが出来ます。
そのため、疲れた時やストレスを感じた時に「セロトニン」の分泌効果に繰り返し頼ることによって「砂糖を摂る=幸せになる」というイメージを脳内に植え付け、砂糖依存症を発症してしまうことが多いようです。

フロランタン

 

別名が『甘味依存症』なのは何故だろう?

砂糖依存症は「砂糖」を摂取しなくても発症する可能性があると言われています。

砂糖依存症は加工品や食品に甘みを付けるために利用される、甘味料でも発症する可能性があるため『甘味依存症』という別名があるそうです。

清涼飲料水やパン、スープなどの加工品、調味料など、普段甘いお菓子を食べない人でも甘味料を過剰に摂取することで砂糖依存症は発症するそうです。

6種類の調味料

 

一般的に甘味料と呼ばれている「糖分」

砂糖(和三盆・黒糖・三温糖・グラニュー糖・上白糖・てんさい糖)
ブドウ糖
果糖
ショ糖
オリゴ糖
麦芽糖
ハチミツ
メープルシロップ
アガベシロップ
パームシュガー
モラセス
水飴
ブドウ糖果糖液糖

3種類の砂糖

 

脳内神経伝達物質って何だろう?

脳内神経伝達物質とは「脳内ホルモン」とも呼ばれており、『こころの病気』を理解するための大切なキーワードです。
脳内神経伝達物質についての詳しい説明はコチラ↓
脳内神経伝達物質って何だろう?依存症に対する効果とは?

砂糖依存症では快楽や意欲を刺激するドーパミン、幸福や安心を感じるセロトニン、積極性や思考力を鍛えてくれるノルアドレナリンが分泌されるそうです。

3輪の花

 

砂糖依存症(甘味依存症)の症状とは?

砂糖依存症(甘味依存症)の症状って何だろう?

甘味依存症が発症することで懸念されるのが「糖尿病」の発症です。
しかし、甘味依存症はその他にもさまざまな弊害を引き起こすようです。

医者の聴診器

うつ症状

身体や脳神経を動かすためのビタミンB1が砂糖の分解に多く使用されて不足状態になることで、物事に対して過度に興奮したり激しく落ち込んだり、すぐにイラついたり、緊張しやすくなったり、気持ちが安定しなくなる『うつ症状』が現れるそうです。

うつ症状により情緒不安定な状態になることで、感情的な行動による人間関係の崩壊や虐待や暴力などの行為を行ってしまう事もあるそうです。

手を繋ぐ

冷え性

砂糖依存症の発症によって体内のミネラルやビタミンが慢性的に不足した状態になると、ブドウ糖がエネルギーに変化しにくくなり、体温が上がらなくなるため、低体温症や冷え性などを引き起こすようです。
身体が冷えることによって、脂肪がつきやすくなったり、便秘になったり、免疫力が低下して感染症にかかったりすることがあるようです。

発熱した男の子

 

骨粗鬆症の発症

砂糖の過剰摂取を継続的に行うことによって、砂糖を分解する栄養素であるカルシウムが不足するため、骨粗しょう症が発症しやすくなるそうです。
高齢者に多いと言われている病気ですが、砂糖依存症になることで若年層も発症するようになるそうです。
骨粗鬆症が発症することによって、石に躓いたり、肩を叩かれたりするだけで骨折するなど、骨が弱く内臓などを守れない状態になってしまうそうですよ。

レントゲン

 

その他

砂糖依存症は『うつ症状/冷え性/骨粗鬆症の発症』以外の症状も発症するようです。
その他の症状には『過度な疲労感/物事への倦怠感/肩こり/口内炎/貧血』などがあるようです。
これらの症状は体内の砂糖を分解するのに使用される、ビタミンB軍の欠乏症状だと言われています。

たくさんの野菜

 

砂糖依存症(甘味依存症)が発症すると老化する?

砂糖依存症の症状が発症することによって、砂糖の過剰摂取により体内に糖が蓄積されるそうです。
その蓄積された糖が体内のたんぱく質と結びつくことによって老化を進行させると言われています。

体の中に糖が蓄積させることによってAgeS(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成します。
老化物質であるAgeSは体内での分解が難しく、髪や肌、骨などに蓄積し、体内の老化を促進させて動脈硬化や骨粗しょう症などの病気を誘発する危険性があるようです。

 

砂糖依存症から解放されよう!改善するにはどうしたらいいの?

では、砂糖依存症を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?
砂糖依存症を改善するための3つのポイントをまとめてみました。

チェックシート

①砂糖断ちをする

砂糖依存症を克服する一番簡単な方法は砂糖を摂取しない『砂糖断ち』を行うことです。
三週間程度の期間を設け、以下のポイントを押さえてチャレンジすると成功率が高いそうですよ。

【砂糖断ちのポイント】
・砂糖の入っていない間食を用意する(ナッツ類/ヨーグルト/チーズなど)
・甘いものを見ない、置いておかない、買わない
・食事の時間を固定する
・空腹の時間を作らない

角砂糖とスプーン

②ビタミンB1とカルシウムを補給する

砂糖依存症を克服するために摂取する栄養素を増やす方法があります。
砂糖を摂取することで不足しやすいビタミンB1とカルシウムを補給することによって、砂糖依存症をゆっくり自然に改善していくことが出来るそうです。
砂糖依存症で失われる栄養素を補うには、サプリの利用もオススメだそうです。

牛乳とマグカップ

 

③欲求をコントロールする

砂糖依存症の原因の多くはストレスや不安だと言われています。
このストレスや不安をうまくコントロールし、自分をリラックスさせることによって砂糖依存症を改善することが出来るようです。
軽度の運動やCBDオイルの摂取には大きなリラックス効果があり、砂糖依存症の改善に大きな効果を期待出来るそうですよ。

CBDオイルの詳しい効果はコチラ↓
「CBD」にはどんな効果があるの?WHOも認めるその実力とは!

ハーブティーと本

 

砂糖依存症(甘味依存症)は改善できる

砂糖依存症は改善することの出来る心の病気です。
砂糖の摂取により、脳内ホルモンの分泌バランスが崩れることで発症しますが、『砂糖断ち』や『欲求のコントロール』を行うことで依存症を改善することが出来ます。

強い意志を持って依存症を改善していきましょう!

色んな人の手

管理人おすすめ記事